メニューを開く

blogブログ

コスモ

メガメニュー を閉じる

お問い合わせはこちらから

株式会社コスモ 愛知県豊明市栄町内山67番地42 水曜定休

2024/07/04

家の中が暑い場合の対策6選!|原因やリフォームによる対策も紹介

 

夏場は、家の中が暑くなりがちですよね。毎年の猛暑で、夏バテしても家の中が暑くてなかなか回復できない場合もあります。

 

猛暑の夏こそ、我が家で涼しく快適に過ごしたいと考えるのは誰もが同じでしょう。

 

今回は、夏場の家が暑い原因とすぐにできる暑さ対策、リフォームでできる暑さ対策を紹介します。この記事を参考にぜひ、涼しい我が家を手に入れてください

 

 

この記事のポイント

  • 家が暑くなる原因
  • すぐにできる暑さ対策
  • 業者に依頼することでできる暑さ対策

 

家が暑い原因3つ

 

家が暑い原因には何があるのでしょうか?原因を3つ紹介します。

 

①日当たりが強い

日当たりが強いと家が暑くなります。じめじめした場所よりも、日当たりのいい場所に家を建てたいと思いますよね。

 

しかし、日当たりがいいことはメリットばかりではありません。夏場は照りつける太陽の熱で、室温が高くなりやすくなるといったデメリットもあります。

 

また、西日を強く受ける家は夜になってもなかなか熱が逃げず、夜も家は暑い状態が続く可能性が高くなります。

 

②部屋の空気の循環が悪い

部屋の空気の循環が悪いと、熱がこもり家が暑くなります

 

また、電化製品の熱や湿気も逃げないので高温多湿となり、体感温度的にさらに暑く感じます。窓のない部屋や特定の場所にしか窓がない部屋は、空気の循環を作るなどの工夫が必要です。

 

③家が鉄筋コンクリート造になっている

家が鉄筋コンクリート造になっていると家が暑くなります。鉄筋コンクリートは気密性があるため、空気が逃げにくく、また一度温まると冷めるまでに時間がかかります。

 

冬場だとメリットになりますが、夏場は逆にデメリットとなるでしょう。高さのある部屋だと熱が溜まりやすいので、熱中症のリスクも高くなります。温度調整には十分な注意が必要です。

 

すぐにできる家の暑さ対策6選

 

すぐにでもできる家の暑さ対策を6選、紹介します。

 

①こまめな換気を心がける

部屋が暑いときは、空気の循環を作るためにもこまめに換気をしましょう。こまめな換気をすることで、部屋にこもった熱や湿気を外に逃がせるので、暑さが軽減します。複数の窓がある場合は、対角線同士の窓を開けると効率よく空気の入れ替えができます。

 

また、サーキュレーターなどで熱を外に逃がす手伝いをすることで、時短にも繋がるでしょう。ただし、昼間などの外が暑い時間帯は逆に熱を取り込む場合もあるので注意が必要です。

 

熱がこもっていると、他の暑さ対策も無駄になり、光熱費もかかります。光熱費を抑えるためにも、空気の循環を作りましょう。

 

②カーテンやブラインドを活用する

カーテンやブラインドを上手く活用しましょう。

 

日差しが入るだけで、部屋の温度は上がります。夏場はカーテンやブラインドを閉めて外からの日差しを遮断することも暑さ対策の1つになります。

 

特に遮光カーテンや厚手のカーテンは効果的です。また、最近では暑さ対策用のカーテンも販売されているので、チェックしてみてください。

 

昼間の出かけて家に誰もいない時間帯はカーテンを閉めることで、室内の熱の蓄積を少しでも防げます。

 

③グリーンカーテンを育てる

庭や植物を育てる場所がある場合は、グリーンカーテンを育てることも効果的です。植物を育てることで日差しを遮り、部屋の中に入る熱を抑えられます。

 

ただし、虫が集まりやすくなる点には注意が必要です。また、外で植物を育てる余裕がない方は、窓際に大きめの観葉植物を置くことも暑さ対策に有効です。

 

④冷房設備を活用する

エアコンなどの冷房設備を活用しましょう。一番手っ取り早く、家の中を涼しくできる手段です。

 

しかし、熱がこもっている状態でエアコンを使用してもなかなか部屋が冷えず、電気代がかかりやすくなります。熱がこもっている場合は換気をしてからエアコンを使うのがポイントです。

 

また、こまめに掃除をするなどの手入れをすることで、より効率的に部屋を冷やせるでしょう。除湿機能があると、空気を逃しながら部屋を冷やせるのでおすすめです。

 

⑤扇風機やサーキュレーターを活用する

扇風機やサーキュレーターを活用しましょう。扇風機やサーキュレーターを使うことで空気の流れができ、暑さ対策が可能です。

 

熱や湿気がこもりがちで空気の流れがない部屋だと、エアコンを使っても冷えづらくなります。特に窓のない部屋では窓を使った換気ができないので、積極的に扇風機などの使用をおすすめします。

 

⑥冷却グッズを使用する

冷却グッズを使用しましょう。ネッククーラーなど、首元を冷やすだけでも体感的な暑さは違ってきます。

 

下着や寝具も冷感素材のものが販売されていますので、夏場は冷感素材のものを活用することで快適さも変わってくるでしょう。積極的に冷却グッズを使って、体感温度を下げるのがおすすめです。

 

リフォームによる家の暑さ対策3選

 

リフォームをすることで家の暑さ対策ができます。リフォームによる暑さ対策を3選、紹介します。

 

①断熱材を追加する

屋根などの断熱材を追加することで、外からの熱を遮断できます。

 

築年数の経過した家では、断熱材が敷かれていなかったり、厚みが不十分であったりする場合もあります。その場合は、屋根から直接熱が伝わりますので、家の中が暑くなるので注意が必要です。

 

断熱材を追加することで、断熱機能が向上し、以前よりも家の中が涼しくなるでしょう。

 

②内窓を設置する

内窓を設置することで、断熱効果が得られるでしょう。

 

窓は外からの日差しを直接室内に届けますので、家の中の気温が上がりやすくなります。内窓を設置することで、窓からの熱の出入りを防ぎ、室内温度を一定に保てるのがメリット。

 

省エネ効果や防音、結露防止効果もあるので、より住みやすい環境を実感できるでしょう。

 

③窓を断熱できるフレームに交換する

窓のフレームを断熱素材のものに交換することで、断熱効果が得られるでしょう。

 

窓はガラス面だけでなく、フレームも重要な役割を果たします。フレームの素材で、断熱性や気密性に好影響が見られます。

 

近年では、断熱性の高い素材のフレームを使うことが増えてきましたので、築年数の経っている家は窓のフレームを交換するだけでも暑さ対策になるでしょう。

 

愛知県で家の暑さ対策を検討する場合は株式会社コスモへ!

 

夏場はどうしても家の中が暑くなりがちですよね。

 

今回紹介した暑さ対策を、ぜひ試してみてください。いつもよりも快適な夏が過ごせるでしょう。

 

また、家の築年数からも断熱効果に心配があるといった理由で、リフォームを考えている方もいるかと思います。断熱リフォームを考えている方、相談してみたい方は、ぜひ当社へご相談ください。

 

愛知県豊明市にある「株式会社コスモ」では、断熱リフォームの相談に対応しています。以下のリンクからぜひ、お問い合わせください

 

 

株式会社コスモに今すぐリフォームの相談をする

 

 

上質な家をあなたのために~こだわりの木の家を~

愛知県豊明市にある「株式会社コスモ」は、愛知県奥三河で育った木材を厳選し、他では見ることのできないこだわりの木の家を建てています。

木の家の良さは実際に触って歩いて、木肌に触れること。

コスモでは、お客様のご希望に丁寧に耳を傾け設計し、素材を知り使い方を熟知した職人が丁寧に施工、アフターケアまで力を入れております。

自然素材をたっぷり使った住まいで、ご家族がいつまでも長く健康で心地よく暮らせる家づくりをします。

日本の伝統的な建築工法を継承しているコスモでは、お客様の思い出を形に「古民家再生」プランもご提案しております。

住まいにまつわる困りごとがありましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

▼コスモのことについてよくわかるスターターセットができました▼

▼新モデルハウス「山床の家」をご見学希望の方は以下のイベント案内よりお申し込みください▼

お問い合わせはこちらから

株式会社コスモ
 愛知県豊明市栄町内山67番地42 水曜定休

0120-33-4846

Copyright (C) COSMO All Rights Reserved.